自分を体現していく

名刺を受け取るサラリーマンのイラスト社会に出ると、少なからず、自分を体現していく、ということが必要になります。
それは自分を必要以上に推し出したり恩着せがましく生きていく、ということではありません。
自分が特定の役割をしっかり担っており、会社などの一員となっていることを、しっかりあらわさなければいけないのです。

仕事は、信用が何よりも大切です。それが失われるなら、会社の損失にもなります。
私たち一人一人がそういった面を意識する過程で行うのが、しっかりとした名刺作成なのです。
これを簡単に考えるのではなく、人と良好な関係を気付く、第一段階としてとらえることができるでしょう。形式的なものではなく、それが仕事上良い関係を保つうえでかかせないこと、という認識を抱くことができるのです。それが、社会において『自分を体現して行くこと』に繋がるのではないでしょうか。

名刺は、誰もが最初に見る、私達の『顔』のようなものです。それを受け取ることによって、多くの人が存在を示していくことになります。もちろん仕事上も必要になりますので、私達は管理の仕方も気を付けなければなりません。個人情報ですから、扱いには十分気を付けるべきです。それは、データとして管理する際も、同様です。

 

 

名刺を見てその人を判断する

名刺はもうひとつのその人の顔だという話を聞いたことがあります。確かにそのような感じがするときはあります。会社でも挨拶での頭の下げ方から名刺の持ち方渡し方などまで教育しますが、それも会社を背負っているという意識を持たせるためでしょう。そのいちばんの最先端が名刺ということになりますし、相手の元に残る唯一の自分を主張する物が名刺ということにもなります。そうなるとその名刺もなかなかおろそかには出来ないでしょう。

もし自分が名刺を重要に考えていれば相手も以心伝心で大切にしているなぐらいは通じるのではないでしょうか。そうするとビジネスの方もスムーズにいく助けになると思います。私などはそのような名刺の扱い方をみて相手を判断することもあります。何事も大切にしない人は信頼が出来ませんね。その時に名刺をどのように扱うかも見ています。よく契約書に印鑑を押す時の様子で判断するという人がいましたが同じことでしょうね。

特に初めて会うのですから、これから付き合っていける人かどうかを、いろいろな面で見なければいけないでしょう。そのような場合の判断材料のひとつですね。ですから良いものを作っておくのも差別化が出来て良いと思います。

 

印象に残る名刺の作成

会社で営業をしていると配る名刺の数も思ったよりも多くなります。はじめて会う人にも何度か会う人にも自分と会社の商品を覚えてもらうために頑張って配っています。でも自分の印象が薄いのかなかなか覚えてもらえず、誰だっけ名刺もらえると言われて数回同じ人に渡したこともあります。

足りなくなって庶務課に名刺の作成を頼んだ時に同期の女性に印象が薄いみたいでなかなか相手におぼえてもらえないという話をしたら、庶務課の同期の女性は写真を名刺に入れて作成してみてはと提案されました。実は庶務課にもたくさん営業の人が来るのですが、その中に写真が入ったものがあると写真のインパクトもあって案外覚えやすいかもと言ってもらいました。

今は庶務課でそういったレイアウトが得意な社員が名刺の作成も会社でしているので余分にお金がかかるわけでもないので、担当課の上司の承諾があればと言ってもらえました。上司とも話をして、写真入り名刺を配ったらやはりインパクトがあったようで次からは覚えてもらえるようになりました。

名刺作成のポイント

一番簡単なのは、そのように自分でパソコン等を用いて作成する方法です。しかし、その方法では先ほど挙げたように、一つの会社ごとにまとめて作る場合など、大量の印刷を行う場合、また、デザインを社内間で統一させる場合などには、向かないかもしれません。

また、デザインもそこに含まれているデザインの範疇を出ませんから、融通が利かないこともあります。
そこで利用できるのが、名刺作成を外注する、という方法です。
名刺作成を受託している業者に依頼することによって、非常に大量の名刺、それも様々なデザインの名刺を作ってもらうことができます
自分や、自社のイメージを、押し出していくことができます。社員にデザイン作成を得意とする人がいない場合は、特に良い方法、と言えるでしょう。
特徴的なデザインで作りたい場合、また大量に必要な場合は、こちらの方法が良いかもしれません。

デメリットとしては、当然ですが作成料を支払う必要があります。それが印刷のコストとどちらが安くつくかについては、計算が必要でしょう。また、依頼してから出来上がるまでに日数が必要となる可能性があります。ですが業者によっては、注文時間にもよりますが、即日作成が可能なところもありますので急ぎの時はそういった業者を探して注文すると良いでしょう。

 

少量ならパソコンで。大量なら業者へ。名刺印刷は需要に合わせて。

何百枚ぐらいだったら家庭用のプリンターで名刺印刷ができます。あまり使わなくても必要な時がたまにある人はその方が安上がりです。営業職で大量に名刺印刷をしてほしい人はネットで業者を探すといいです。いろいろな所から見積もりをとって見比べてみるといいです。ある程度安くてもそれなりに綺麗な名刺印刷ができます。家庭用のプリンターでも十分綺麗なので、業務用の印刷機械もそれなりに性能がいいのです。

昔仕事の関係で印刷機械の展示会に行ったことがあります。機会があれば行ってみるべきです。印刷機械が日々進化しているのが分かります。特に展示会は業者が腕を競っている場所でもあります。良い機械ばかり揃っているのです。名刺印刷は年間を通して需要が多いです。

パソコンで作る人は増えていますが全員が全員パソコンを使えるわけではないのです。自分のアピールのためや会社の宣伝のためにも名刺印刷は必要になってきます。最近はデザイン性がでている名刺も増えてきています。シンプルな物もいいですがデザイン性があった方が印象には残ります。

 

名刺印刷の様々なテクニック

名刺はビジネスシーンにおいて自分のことを知ってもらう為に使うカードのことです。当然、多くの相手に手渡すことになるため、その分大量の名刺が必要になってきます。通常、名刺を入手する為には印刷業者に依頼することになりますが、この依頼の方法でも様々なテクニックが存在します。

例えば、あまりお金がないがどうしても名刺が必要、という場合です。裏側に広告等が印刷冴えた商品を使用することで、印刷のコストを下げてもらえる、というサービスが行われています。また、通常とは違う特殊な紙に印刷することで見た目にインパクトのある効果を狙ったり、まるで飛び出す絵本のような名刺にすることも可能です。

とはいえ、あまりに突飛すぎる演出を名刺に施すのは、逆にふざけていると取られかねないことも留意して、遊び心と真剣さのバランスをはかった名刺を印刷することが大切です。そうして作った名刺は、あなたのビジネスシーンに強力な武器となってくれるに違いありません。

名刺の様々な作り方

パソコン自分を表現するための第一歩、そして社会を歩んでいくためには欠かせないツールである名刺、それを作成するための方法は幾つかあります。まず一般的な方法としては、自分で作る方法です。だからと言って、現代において手書きで作る必要はありません。味を出すために手書きを用いても良いですが、非効率極まりです。

ですから、もっとも簡単な方法としてはパソコンやタブレット端末などの、名刺作成ソフトを用いて作成する方法です。それを使うメリットは、あらかじめテンプレートのようなものが収録されており、それに沿って作成することによって、非常に簡単に、自分だけの名刺を作ることができる、という点です。

また、同じ様式の名刺を、一度に何十枚も印刷することができるため、非常に便利、と言えるでしょう。自分好みに作りますから、社風とか、自分の特徴とか、そういった面を推し出していくこともできます。

デメリットとしては、まず印刷のコストがかかる、ということです。名刺は大量に作成しておくものですから、その分だけ印刷のコストがかかります。また、作りようによっては非常に簡素な、悪く言えば何の特徴も面白みもない名刺が出来上がります。これは、工夫が必要です。

 

個性的なビジネス名刺を持とう

ただひとつ気をつけなければならないのが、個性を気にしすぎて一般的なサイズや形式から大きく逸脱してしまうことです。

あまりに大きい・小さいサイズのものは管理しづらくなります。目立とうとして大きな紙を使用してしまった場合、一般的なケースに入らないので先方が困ってしまいます。

また、極端に字が小さい、フォントがビジネスに相応しくないなどにも気をつけましょう。読みづらかったり、ふざけていたりするものは、先方に不快感を与えます。名刺は、渡してしまうと一生そのデザインが残っていきます。自分がどうありたいかを考えて作成しましょう。

 

名刺 デザインで成功を収める方法

最近の名刺デザインは、大変こった工夫がされています。従来のものは、黒字印刷のシンプルなデザインでしたが、巷では、いろんな色が使用されていたり、光るような細工が施されていたりします。中でも珍しいのが、かざしてみると透かして見えるという名刺があります。

それで、仕事にありつけて、人生に成功した例を持った人がいます。あるサイトで見かけましたが、音楽関係の人です。若い人の中で、DTM関連の仕事や趣味が人気です。それに対して、憧れる人が後を絶ちません。しかし、音楽関係の仕事は、完全人脈社会です。人脈がなければ、いくら才能があったとしても、誰も相手にしてくれないそうです。それだけ、厳しい世界です。

成功する方法としては、営業マンが会社から出てくるのを見計らって、名刺をかざすふりをするそうです。興味を持った人は近づいてきます。モノを尋ねられると、実はこういう者だ、という具合に名刺を見せたら、成功したという例です。興味のある人は、実行してみる価値があるかもしれません。

名刺―なぜ大切?

名刺交換遅かれ早かれ、社会という世界の中に旅立つこととなります。たとえ正社員として働かないとしても、それでも大人になって社会に出ることとなります。そこで大切になるのは、いわゆる『自分』…自分自身のあり方です。それによって、今後の未来が決定して行くと言っても過言ではありません。ただそこに自分がいる、ということだけではなく、自分という存在を、押し出していかなければならないのです。そうすることによって、社会の中を生き抜いていくことができます。

少し大袈裟かもしれませんが、それだけ「自分」が大切である、ということです。「自分」を表現する方法は、非常に多くあります。行動によっても現れますし、言葉によってもそれは現れます。しかし、どれだけ良いものを持っていても、人の印象というのは、いわゆる『初対面』…第一印象でほとんどが決まってしまう、と言われます。特に、仕事の中での対面に関しては、そう言えるでしょう。

第一印象には、もちろん様々な要素が含まれますが、その要素の一つとして含まれているのが、『名刺』です。名刺は、単純に考えるとただ社名や名前を印刷した一枚のカードととらえられるかもしれません。しかし名刺は、それ以上の役割を果たしている、と言えます。名刺は自分がどこに所属していて、どのような役職について、今後どのように相手方と関わっていくことになるのか、それを表明するものとなるからです。ですから、手を抜かない名刺を作ることは大切です。

 

どんな名刺を作成するかで社会人の格が決まる

社会人になると、様々なルールを覚えなければなりません。特に美辞寝るマナーについては、会社勤めをする人間にとっては絶対に覚えなければいけないもののひとつです。挨拶の仕方や、電話の応対の仕方。それらがきちんとできるかどうかで、社会人として一人前であるかどうかを判別されるといっても過言ではありません。他にも、身だしなみなどでも、判別されます。どんなスーツを着ているかや、どんな靴を履いているかも重要です。

さらに、持っている名刺も非常に重要です。名刺交換は相手に自分の名前や連絡先を伝える最も基本的なやり方のひとつです。ですので、どのような名刺を持っているかが、非常に重要になってくるのです。ただ、家に近いからという理由で名刺を作ってくれる店を選んでいませんか。

名刺というのは先に述べたように非常に重要ですから、名刺の作成は人一倍気を使わなければならないのです。名刺作成の店はきちんと調べて、すばらしい名刺を作成してくれる店を選ぶようにしましょう。

 

名刺の必要性を考えてみましょう

最近ではデジタル化がどんどん進んでいますが、いずれ名刺というものが変わっていくと思います。もちろん、現段階ではビジネスの必需品ですが今はどんどんデータ化していっていますので、いずれ携帯電話の赤外線通信のように端末に送ったりするなど、紙媒体で使われることはなくなっていくかもしれません。なぜならば、名刺交換をすることは今のところ必要なことですが、もらった名刺はどうしますか。ファイリングなどしているのならばいいですが、どこかにやってしまったりしていませんか。それに管理しなければならないとなると面倒だと思います。

ビジネスの効率化を考えれば、場所もとらない、必要な時にすぐにでてくるデジタルのものに変わっていくことは間違いないと思います。とはいえ、今のところは名刺は必要なものだと思います。営業の人間ならば必ず持っていなければならないものですし、名刺のマナーなども覚えておかなければなりません。あと何十年かはかかると思いますが、変わるものであることは避けられないと思います。