自分を体現していく

名刺を受け取るサラリーマンのイラスト社会に出ると、少なからず、自分を体現していく、ということが必要になります。
それは自分を必要以上に推し出したり恩着せがましく生きていく、ということではありません。
自分が特定の役割をしっかり担っており、会社などの一員となっていることを、しっかりあらわさなければいけないのです。

仕事は、信用が何よりも大切です。それが失われるなら、会社の損失にもなります。
私たち一人一人がそういった面を意識する過程で行うのが、しっかりとした名刺作成なのです。
これを簡単に考えるのではなく、人と良好な関係を気付く、第一段階としてとらえることができるでしょう。形式的なものではなく、それが仕事上良い関係を保つうえでかかせないこと、という認識を抱くことができるのです。それが、社会において『自分を体現して行くこと』に繋がるのではないでしょうか。

名刺は、誰もが最初に見る、私達の『顔』のようなものです。それを受け取ることによって、多くの人が存在を示していくことになります。もちろん仕事上も必要になりますので、私達は管理の仕方も気を付けなければなりません。個人情報ですから、扱いには十分気を付けるべきです。それは、データとして管理する際も、同様です。

名刺作成のポイント

一番簡単なのは、そのように自分でパソコン等を用いて作成する方法です。しかし、その方法では先ほど挙げたように、一つの会社ごとにまとめて作る場合など、大量の印刷を行う場合、また、デザインを社内間で統一させる場合などには、向かないかもしれません。

また、デザインもそこに含まれているデザインの範疇を出ませんから、融通が利かないこともあります。
そこで利用できるのが、名刺作成を外注する、という方法です。
名刺作成を受託している業者に依頼することによって、非常に大量の名刺、それも様々なデザインの名刺を作ってもらうことができます
自分や、自社のイメージを、押し出していくことができます。社員にデザイン作成を得意とする人がいない場合は、特に良い方法、と言えるでしょう。
特徴的なデザインで作りたい場合、また大量に必要な場合は、こちらの方法が良いかもしれません。

デメリットとしては、当然ですが作成料を支払う必要があります。それが印刷のコストとどちらが安くつくかについては、計算が必要でしょう。また、依頼してから出来上がるまでに日数が必要となる可能性があります。ですが業者によっては、注文時間にもよりますが、即日作成が可能なところもありますので急ぎの時はそういった業者を探して注文すると良いでしょう。

名刺の様々な作り方

自分を表現するための第一歩、そして社会を歩んでいくためには欠かせないツールである名刺、それを作成するための方法は幾つかあります。まず一般的な方法としては、自分で作る方法です。だからと言って、現代において手書きで作る必要はありません。味を出すために手書きを用いても良いですが、非効率極まりです。

ですから、もっとも簡単な方法としてはパソコンやタブレット端末などの、名刺作成ソフトを用いて作成する方法です。それを使うメリットは、あらかじめテンプレートのようなものが収録されており、それに沿って作成することによって、非常に簡単に、自分だけの名刺を作ることができる、という点です。

また、同じ様式の名刺を、一度に何十枚も印刷することができるため、非常に便利、と言えるでしょう。自分好みに作りますから、社風とか、自分の特徴とか、そういった面を推し出していくこともできます。

デメリットとしては、まず印刷のコストがかかる、ということです。名刺は大量に作成しておくものですから、その分だけ印刷のコストがかかります。また、作りようによっては非常に簡素な、悪く言えば何の特徴も面白みもない名刺が出来上がります。これは、工夫が必要です。

名刺―なぜ大切?

遅かれ早かれ、社会という世界の中に旅立つこととなります。たとえ正社員として働かないとしても、それでも大人になって社会に出ることとなります。そこで大切になるのは、いわゆる『自分』…自分自身のあり方です。それによって、今後の未来が決定して行くと言っても過言ではありません。ただそこに自分がいる、ということだけではなく、自分という存在を、押し出していかなければならないのです。そうすることによって、社会の中を生き抜いていくことができます。

少し大袈裟かもしれませんが、それだけ「自分」が大切である、ということです。「自分」を表現する方法は、非常に多くあります。行動によっても現れますし、言葉によってもそれは現れます。しかし、どれだけ良いものを持っていても、人の印象というのは、いわゆる『初対面』…第一印象でほとんどが決まってしまう、と言われます。特に、仕事の中での対面に関しては、そう言えるでしょう。

第一印象には、もちろん様々な要素が含まれますが、その要素の一つとして含まれているのが、『名刺』です。名刺は、単純に考えるとただ社名や名前を印刷した一枚のカードととらえられるかもしれません。しかし名刺は、それ以上の役割を果たしている、と言えます。名刺は自分がどこに所属していて、どのような役職について、今後どのように相手方と関わっていくことになるのか、それを表明するものとなるからです。ですから、手を抜かない名刺を作ることは大切です。